TOP > 小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とはのイメージ

小児歯科とは、計画性を建てお子さまに合わせた診療を行います。
というのも、乳歯がほとんどで生え換わることが予測できる患者様だからです。
つまり、虫歯を放っておくことで、今後、もし永久歯に生え換わった際に、歯並びが悪くなる事が想像でき、可能性として咬み合せに影響を与える確率が高くなるためです。
悪い咬み合せは、虫歯になりやすくなるだけではなく、身体全体にも影響を与えるほど重要な家庭になってきます。
お子さまの健康、将来のためにも、お母さま、お父さまには十分な注意と、ご協力をいただければと思います。

乳歯について

乳歯についてのイメージ

お子さまの歯が生えていないからと不安になる方も多くいらっしゃると思います。

乳歯とは、6か月から生え始め、2歳~3歳までに生えそろいます。
とはいえ個人差はあるものではありますので、不安がらずに、お子さまの成長をしっかりと見守っていきましょう。

お子様の歯磨きについて

お子様の歯磨きについてのイメージ

成人のように『ごしごし』と磨いてはお子さまの歯によくありません。
とてもデリケートな時期でもありますので、満足に歯を奇麗に磨けない場合や歯茎を傷つけたりする場合があります。

歯に対して歯ブラシを平らに持ち、軽い力で、小刻みにブラッシングを行うのが乳歯の歯磨きです
歯と歯茎の境目や置く場は特に念入りに行いましょう。

また、必要以上に泡立ってしまう歯磨き粉はお子さまに吐き気を感じさせてしまう場合もあります。
基本的に唾液が多く分泌され、それが歯磨き粉の代わりなりますので、歯磨き粉を無理に使用する必要はありません。

フッ素塗布について

子供の頃、生えたての頃、生え変わりの時期に行いましょう。

通常、目安としては季節の変わり目(3か月に1回)に来て頂くのがいいと思います。
この時期は歯を形成する上での重要な時期になりますので、最低でも2回行う事を意識して下さい。

問い合わせバナー