TOP > 審美歯科

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とはのイメージ

審美歯科の目的は歯の美しさを取り戻すことで歯の機能を回復するだけのものではありません。歯科の技術発展と進歩、メディアの紹介によって幅広く使用されるようになり、審美歯科という言葉もより身近になってきています。

そもそも歯には、側面として美しい歯並び・笑顔を作るという目的と食事をするという機能的な側面がありますが、ともに非常に重要なものとなっています。
この両方に注目したのが審美歯科です。患者様の希望をしっかり聞きながら、患者様にマッチした口元の美を求めていく歯科治療です。

笑顔にも自信をもつためには美しい口元で好印象を与えることが自信につながります。
医師とともにご希望、治療期間、費用や治療法を選択し、美しい口元を手に入れてください。

オールセラミッククラウン メタルボンドクラウン

審美歯科とはのイメージ

天然歯の色調に近い素材で、歯の形や傾きを修正する修復方です。
大きなむし歯の修復やブリッジにも適応されます。

ハイブリッドインレー オールセラミックインレー

審美歯科とはのイメージ

白歯の部分的なむし歯の治療を、歯と同じ色調の材質で修復する治療法です。審美性と耐久性を兼ね備えておりますので、奥歯でも安心して使用できます。

ラミネートべニア

審美歯科とはのイメージ

主に前歯の形と色調を改善する方法で、歯のおもて側だけを削り、外観に触れる表面だけに修復物を貼り合わせる方法です。前歯にすきまがあり、あまり削らずにすきまを埋めたい症例などにも効果的です。

歯ぐきメラニン色素除去(黒色の改善)

審美歯科とはのイメージ

皮膚と同じく、歯肉も色素沈着により変色することがあります。
薬剤によりピーリングを行うことにより、ピンク色の健康的な歯肉にもどすことが出来ます。
2~3日は表面が白色をおびますので、結婚式や同窓会などのイベントに合わせたい場合は、日数に余裕をもって行なう必要があります。注射による麻酔は必要ありません。

歯のマニキュアなど

審美歯科とはのイメージ

歯の変色を一時的に治したい場合は、歯のマニキュアにより改善させる事が出来ます。
歯を削る必要もなく、ホワイトニングより即効性がありますが、1~2ヶ月ほどしか持続しないため、イベントへの出席などの一時的な審美回復とするか、もしくは頻繁にメンテナンスを行なう必要があります。

問い合わせバナー