ホワイトニングキャンペーン実施中! 詳しくはこちらをクリック!!

院長ブログ

2015年4月24日 金曜日

飲み物による虫歯にも注意しましょう

4月も終わりに近づき、暑い季節が迫ってまいりました。
冷たい飲み物の消費も増えてくる頃です。
この飲み物にも虫歯のリスクが高いものがあるので注意が必要です。

ジュースや缶コーヒーの糖分が多いことは皆さん認識されているでしょうが、スポーツ飲料や栄養ドリンクも糖分が多く、酸性度が高いものが多いのです。
糖分が多いと虫歯の原因菌が活性化され、酸性度が高いと歯の表面の石灰化成分が溶け出すのです。
特に栄養ドリンクはスポーツ飲料の2倍、歯のエナメル質の損傷の度合いが高いようです。

また逆にサントリー食品インターナショナル株式会社によると、ウーロン茶はデンタルプラーク(歯垢)の沈着を抑制するそうです。
確かにウーロン茶は脂肪分解の効果もあるようですし、プラークのべたつきを取り除いてくれそうですね。
ただしウーロン茶は歯の着色成分も強いので、歯磨きをしっかりしないといけませんね。

その他にも炭酸飲料も酸性度が高いので、お気を付けください。

投稿者 六本木歯科医院 ( 六本木の歯医者 )

問い合わせバナー