ホワイトニングキャンペーン実施中! 詳しくはこちらをクリック!!

院長ブログ

2011年7月15日 金曜日

舌のクリーニングの仕方について

自分の舌を鏡で見たことがある方って、どのくらいいらっしゃるのでしょう。(子どもの頃、氷イチゴを食べた後を除いてですが)
歯や歯ぐきはチェックしてるけど、舌は見た記憶がないという方も多いのではないでしょうか?
そして歯科医から、歯ブラシやデンタルフロスの指導は受けたけど、舌の清掃の仕方を教わった事はないという方も、同じく多いと思われます。(私もついつい忘れてしまいます)

最近は舌の清掃の重要性が認知されてきて、舌をきれいにするタブレットなども売られています。
舌の表面は、舌乳頭という小さな突起で覆われているため、汚れが着きやすく、口臭の大きな原因になったり、歯周病菌の温床になったりします。
そのため歯と同じく、清潔にしなくてはいけないのですが、歯ブラシでゴシゴシこすってしまうと粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。舌専用のクリーナーを使いましょう。

舌クリーナーはブラシ状のものやスクレーパー状のものなど、ドラッグストアに行くと数種類売られています。
まずはガーゼやティッシュなどを介して舌の先を指でつまみ、少し引き出して舌の汚れを観察しましょう。
そのまま平らになった舌の表面を舌クリーナーで軽くこすります。
そしてデンタルリンスで口をゆすぐと更に効果的です。
これを再度繰り返して終了です。

最近、加齢臭や体臭など、においに敏感になってきているようです。口臭予防に舌磨きも常識になりつつあります。

投稿者 六本木歯科医院 ( 六本木の歯医者 )

問い合わせバナー