ホワイトニングキャンペーン実施中! 詳しくはこちらをクリック!!

院長ブログ

2011年6月 7日 火曜日

歯科医のジレンマ

虫歯という病気は特殊なものではなく、罹った事の無い方の方が少数派です。
比較的身近な病気とはいえ、「虫歯です」と言われるとショックなものです。
いよいよ治療をしなくてはならないのですが、歯の場合は治療をしても健康な歯には戻りません。

例えば風邪をひいても投薬等で元の状態に戻りますが、虫歯の場合は代替品で修復するしかありません。
歯科医のジレンマとなる訳ですが、そこから「銀歯が見えてガックリしないように」と審美歯科が発展したのでしょう。
ひとむかし前はTVに映る歯のきれいな芸能人を見ても、我々歯科医には治した歯か自然の状態かわかりましたが、最近の審美治療では、外見だけではわからなくなりました。

肌や髪の色・ハリ・つや、歯の白さ等、「健康を維持する」以前に「健康的な外見を維持する」時代となりました。
日々の歯ブラシもアンチエイジングの第一歩だと考え、しっかりと磨きましょう。






  審美歯科治療のご相談はこちらまで


投稿者 六本木歯科医院 ( 六本木の歯医者 )

問い合わせバナー