ホワイトニングキャンペーン実施中! 詳しくはこちらをクリック!!

院長ブログ

2011年7月15日 金曜日

舌のクリーニングの仕方について

自分の舌を鏡で見たことがある方って、どのくらいいらっしゃるのでしょう。(子どもの頃、氷イチゴを食べた後を除いてですが)
歯や歯ぐきはチェックしてるけど、舌は見た記憶がないという方も多いのではないでしょうか?
そして歯科医から、歯ブラシやデンタルフロスの指導は受けたけど、舌の清掃の仕方を教わった事はないという方も、同じく多いと思われます。(私もついつい忘れてしまいます)

最近は舌の清掃の重要性が認知されてきて、舌をきれいにするタブレットなども売られています。
舌の表面は、舌乳頭という小さな突起で覆われているため、汚れが着きやすく、口臭の大きな原因になったり、歯周病菌の温床になったりします。
そのため歯と同じく、清潔にしなくてはいけないのですが、歯ブラシでゴシゴシこすってしまうと粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。舌専用のクリーナーを使いましょう。

舌クリーナーはブラシ状のものやスクレーパー状のものなど、ドラッグストアに行くと数種類売られています。
まずはガーゼやティッシュなどを介して舌の先を指でつまみ、少し引き出して舌の汚れを観察しましょう。
そのまま平らになった舌の表面を舌クリーナーで軽くこすります。
そしてデンタルリンスで口をゆすぐと更に効果的です。
これを再度繰り返して終了です。

最近、加齢臭や体臭など、においに敏感になってきているようです。口臭予防に舌磨きも常識になりつつあります。

投稿者 六本木歯科医院 ( 六本木の歯医者 ) | 記事URL

2011年7月 8日 金曜日

噛むと痛いのは?

幸せをかみ締める」大変良い言葉ではありませんか?
かみ締めたくなるほどの幸せ。噛み締められない場合の幸せは?

「噛むと痛い」という症状を理由に来院される患者さんは、比較的多いです。
噛んだときの痛みには色々な種類や程度があります。
噛んだ瞬間に電気が走るような痛みがある場合、深い虫歯があったり、稀に歯が割れてしまっていたりという事が考えられます。
この場合は、いくら歯医者嫌いの人でも、痛みや不安から、すぐに受診されるはずです。

このような強い痛みではなく、噛み締めると痛かったり、歯が浮いたような感覚がある場合は、まず歯周病が疑われます。
歯と骨をつなぎ、クッションの役割を果たしている「歯根膜」という軟組織に主に炎症を起こすのです。

少し我慢していると、症状が無くなってくる場合があります。が、しかし、それが問題であるとも言えます。
なぜならこれは治ったのではなく、急性炎症が慢性化しただけだからです。
歯というものは頑丈ではありますが、その硬さゆえに周りの組織を容赦なく痛める事もあるので注意しなくてはなりません。
もちろん早めの治療が必要ですし、歯軋りやくいしばる癖のある方は更に要注意です。

おいしいものを噛み締めて食べられる幸せ!
幸せは噛み締められてこそ、実感できるものですね。









  歯周病のケアについては、こちらにお問い合わせ下さい。

投稿者 六本木歯科医院 ( 六本木の歯医者 ) | 記事URL

問い合わせバナー